食堂チックな近所のカフェでさくっと食事



 ボンジュール、お元気ですか。フランスはワクチン接種が進み、感染者も減り、屋内でのマスク着用は必要なものの、だいぶ日常が戻ってきているように感じます。本気でうれしい。でもテレワークを積極的に継続する企業も珍しくなく、コロナ騒動以前とは働きかたがガラリと変わった人も多々。

 通勤時間がなくなったのは良しとして、おしゃべり大好きフランス人(私もね)にとって、同僚たちとの休憩中のおしゃべりができなくなったのは小さなストレスのはず。

 わが家は2人ともほぼテレワークですが、リモート会議があったりでランチの時間がズレがちで、さらに別室で仕事をしているので日中は言葉を交わすこともあまりなく、同じ自宅内にいるのに携帯メッセージで用件を伝えることも。たとえば「お昼どうする?」「今日は作る気力ないしピザ頼もうか」、これをメッセージでやりとり。ひーっ、とことん会話なーいー(笑)!こんな感じのテレワークが続くと、さすがに淋しすぎやしませんか。

 そんなわけで、同じくテレワーク中の隣人さんたちとたまに近所のカフェで一緒にささっと食べたり、時間に余裕のあるときはキッシュとサラダなどの簡単なものを作って家に招待しあったり、平日でも人と会って話す機会を設けています 。 今日は、隣の建物に住む私たちの友人Fくんも含めて3人で、てっとり早く近所のカフェでランチ。いい気分転換になって、午後からの仕事もさくさく効率よいの。こういうのって、たまには必要!


Sponsor link

ちはる

関西出身、2003年よりフランス在住。超年下パートナー、

娘、息子との4人家族。パリを拠点にいろいろ楽しく活動中。

●Coucou mes amis  -フランス便り-

 http://blog.livedoor.jp/bon_appetit1/