17区、バティニヨールはパリの最新BOBOエリア。おしゃれなワインバーなどが立ち並び、連夜30代~のパリジャンたちが友人たちと賑やかに談笑しております。そんなエリアに3年前OPENしたのがPetit Boutary。6区にあるBoutaryのカジュアルバージョンレストラン。

 こちらでは4皿か5皿のメニューのみが選べ、内容はその日によって違います。もちろん苦手なものやアレルギーなどがある場合はその場で対応OK。この日の前菜はカツオのたたき!これがもう、美味しいのなんのって!オクラのネバネバ、ビーツの甘み、キューリの歯ごたえ、りんごの爽やかさ。全てが完璧のマリアージュ。少し味噌が使用されたソースのコクとビネガーソースの酸味が最高で、1口食べるごとに唸ってしまうほどでした。

お魚がメインではありますが、様々なお野菜をたっぷりと食べれる1皿。歯ごたえが残る白いんげんの爽やかさが魚にぴったり。お野菜の中に隠れていたイカも嬉しい!

 メインのお魚は、皮はパリパリなのに身はふわふわ~。付け合わせのお野菜はどれも歯ごたえが残っていてしっかりと楽しめます。もう1つのメイン、はらみのステーキはお肉を最高に美味しく頂ける完璧な焼き加減。柔らかく噛めば噛むほど旨みが溢れます。付け合わせのキノコ類は塩気しっかりと、かぼちゃのピュレはふんわり甘柔らかく、それぞれが強い味ではあったけれど、一緒に食べると完璧になるのが不思議。

デザート。チョコレートのムースも、マスカルポーネのムースもどちらも美味しかったのですが、マスカルポーネにたっぷりのベルガモットの香り、それを蜂蜜濃厚のアイスクリームと一緒に頂くのが美味しすぎて忘れられません

 フォアグラも表面カリカリ中はとろとろで最高でした。デザートは2種類あるとの事で、1つずつオーダー。チョコレートムースはマンダリンのジュレとフランボワーズのソースが。ベルガモット香るホワイトクリームは蜂蜜のアイスクリームと、どちらのデザートも大満足の美味しさ。久しぶりにまた来たい!絶対に!そんな風に思えたお店でした。


たっぷりのお野菜の下には、ソースでマリネされたカツオのたたきが入ってます。臭みのない新鮮なお魚と野菜の組み合わせは最高の一言!

Petit Boutary
住所 16 rue Jacquemont 75017
電話 01 46 27 76 23
HP   Petit Boutary


Sponsor link

マダム愛

東京で知り合った仏人男性に連れ去られ、気が付けばパリジェンヌとやらに。パリのレストランと生活、2つのブログを書いてます。

●マダム愛の徒然パリ日記

http://www.paris777.blog.fc2.com/

パリのお得なサービスが満載のサイト運営中!

https://www.madameaitravel.com/