実力のある若いシェフ達がその腕と自信だけを頼りに次々にレストランをオープンし、いまやグルメエリアになっている9区のサンジョルジュ界隈。そんな中でもミシュランを獲得した女性シェフの「Lʼinnocence」は少し格別な存在。野菜を知り尽くした彼女のエレガントな料理を求め連日満席の人気店。特に週2度しかないランチは予約がなかなか取れません。

アミューズブッシュはまるで雪のようでかわいらしい。花粉を使っているのも新しい!

 とある日のランチのアミューズはふんわりと盛られたカリフラワーに花粉のパウダー。口に入れるとほろほろと口中に広がる、なんとも言えない不思議な食感。1つ目の前菜は立派なアスパラガスにお手製のふわふわマヨネーズ。ソースがムース状なのでアスパラの味を邪魔せず、本来の甘さやほろ苦さを味わえます。歯ごたえが残った火の通し加減はさすが野菜のプロ!

アーティチョークはかなり硬くて食べづらかった。そして、正直そこまで美味しくなかったわ。

 2つ目の前菜はアーティチョークをアンチョビで焼いたもの。ピリッとするハムが良い~。ただ、ちょっと焼きすぎで硬くなっていたのが残念ポイントかな。メインにはサーモン。半ナマ状態のサーモンは新鮮な証拠。酸味のあるヨーグルトソースとコクのあるオランデーズソースはサーモンにぴったりでした。

 デザートのパリブレスト中にプラリネはもちろん、リ・オ・レが!これは珍しい~。でも、シュー生地と米、ダブル炭水化物はデザートにはいらないな、私的に,,,こちら、期待していたほどではなかったと言うのが正直な感想。量が少ない上に野菜が中心なので大食漢の私には全く足りませんでした。それでも高評価なのは、以前はランチの値段がかなり安かったから?パリで優しくて美味しいお料理をいただきたい方にはおすすめできるレストランです。


Sponsor link

Lʼinnocence

住所 28 rue de la Tour dʼauvergne 75009

 電話 01 45 23 99 13

 HP www.linnocence.fr


マダム愛

東京で知り合った仏人男性に連れ去られ、気が付けばパリジェンヌとやらに。パリのレストランと生活、2つのブログを書いてます。

●マダム愛の徒然パリ日記

 http://www.paris777.blog.fc2.com/

パリのお得なサービスが満載のサイト運営中!

https://www.madameaitravel.com/