カシスのクラフティー。ヴェルヴェーヌというハーブのソルベと一緒にいただきますが、たっぷりで酸味の強いあっさりクラフティーにソルベはちょっと合わない気が。濃厚なアイスクリームの方が私は良かったな。

 「Marcore」は、ミシュラン1つ星のガストロノミーとカジュアルなビストロ2店舗が隣り同士に並んでいるレストラン。この日は気軽にビストロの方でランチをしました。最初の前菜はスープと冷たいお料理それぞれ1つずつ選べます。この日頼んだアーティチョークのスープはピュレのようでどっしり濃厚。たっぷりのレモンがそれをさっぱり仕上げていました。もう1つの前菜はフランスの定番料理のネギのビネガーソース。卵黄も使ったマヨネーズのようなビネガーソースは甘さと酸味、旨味もあって美味しい! 刻んで混ぜてある黒オリーブがここにアクセントを加え、これは癖になる~。真似したい!

アーティチョークのスープとネギのビネガーソース。量は少なめだけれども、両方ともかなり濃厚なお味で満足度の高い仕上がりに。酸味も絶妙で重くなりすぎず、美味しく頂けました。

 メインのお魚、タラはもう少し焼き加減を抑えた方が私の好みかな。パセリのソースはくどくなく美味しいし、トマトペーストも濃厚でお魚にはぴったりだったけれど、お豆が固く魚の食感を邪魔していたのが残念。選べるデザートは2つともフルーツタルトのような焼き菓子で、できれば2つは食感の違うものや、チョコレート味にするとかしてくれたらもっと楽しかったかな。

Merlu(タラ科の魚)は蒸し焼きなのでパサパサしておらず◎。泡状のパセリのエマルジョンソースは軽めでお魚にぴったり。トマトも濃厚なピュレを使っていて良い。

 こちらのお店、最初に白ワインを頼んだのに赤を持ってこられたあげく、さらにそれが頼んだものより高く、それすら事後報告で、悪い印象から始まったのも酷評になった理由かも。もちろんすぐに気づいて下げさせたけど、気づかなかったらと思うと恐ろしい。そのせいでワインが出るのが遅くなり楽しいランチにケチがついてしまいました。レストランはお料理も大事だけど、やっぱり接客がこうだと印象が悪くなるのは否めない。そんな風に思ったレストランだったのでした。


店内はシックで上品な雰囲気。
Sponsor link

Marcore

住所 1 Rue des Panoramas 75002 Paris

電話 01 45 08 00 08

HP www.marcore-paris.com


マダム愛

東京で知り合った仏人男性に連れ去られ、気が付けばパリジェンヌとやらに。パリのレストランと生活、2つのブログを書いてます。

●マダム愛の徒然パリ日記
http://www.paris777.blog.fc2.com/