日本で流行っているというマリトッツォをパリでも発見。イタリア発祥のスイーツをフランスのパティスリーが作るわけはなくナポレオン軍の兵士だったアントニオ・コヴァがイタリアのミラノに1817年創業したカフェ「Cova」がパリに開店。やっとマリトッツォとご対面となりました〜。

 場所は2021年に営業を再開したアール・デコの内装が美しいサマリテーヌの横。夏にはテラス席も出ていて賑わっていたのですが何故かスルーしておりました。コヴァのマリトッツォはピスタチオ・ナチュラル・マロンの3種類ですが大好きなピスタチオは売り切れ! 残念すぎる〜!!とマロンを購入。マロンクリームと生クリームでリッチな味でしたが2回目はないかな。パンが少しぱさついているように感じたのは私だけ? 誰か私に正解を教えて下さ〜い!


Sponsor link

おむすび

軽い気持ちでパリに語学留学するも、そのまま居つくことに。フランスガイド歴5年、甘いお菓子を一緒に食べる運命の人も探し中。

●Instagramアカウント【OMUSUBI_Food_Paris】