長くファッションと美容に関わってきた須山佳子さんがプロデュースするプロジェクト“Bijo;”が、パリ中心6区のオデオンにコンセプトストア「Biën;」をオープンさせました。プロジェクト名のBijoは、Beauty(美しい)、Innovative(革新的な)、Japanese(日本の)、Original(独自の)それぞれの頭文字を取り、日本の美をフランス、ヨーロッパの人々に伝えていくコンセプト。当然ながら、取扱い商品は日本の製品が中心ですが、十六世豊斎氏による京都の朝日焼といった日本でもなかなかお目に掛かれない工芸品や、日本に滞在経験のあるスイス人プロデュースの漢方配合のコスメライン「IPSUM ALII」など、日本でもまだ未販売のものも多々あり。観光で来た日本人にも、いちいち驚きと発見があるはずです。

 インテリアは、須山さんのパートナーでデザイナーの星野貞治さんの手によるもの。店内左側には用の美を追求した星野さんセレクトのプロダクト、右側には須山さんセレクト&オリジナルプロデュースのコスメティックが並び、ご夫妻の感性が見事に融合した空間に。リクエストがあれば15分ほどのハンドマッサージも施術可能だそう。中2階のデュプレクスでは、現在エデンワークスの篠崎恵美さんによるペーパーフラワーの作品展が開催中ですが、今後はワークショップや、お店の制服もデザインしている星野さんの服の受注会なども開催予定。現在はプロダクトとコスメティックのみですが、須山さんは、星野さんの服を拡充しつつ、いずれは食の分野も広げていきたいということです。パリに長く居を構えながら、美と新しさを追求してきた彼女ならではのコンセプトストアは、我々に様々なことを気付かせてくれそう~。


Sponsor link

Biën;

10 rue Casimir Delavigne, 75006 Paris

木曜~土曜 12時-19時営業

月曜~水曜は予約制 12時-18時30分

問い合わせ:info@bien.paris

Tel: 01 71 32 26 16

https://bijo.paris


トモクン

トモクンという名の45歳。在仏27年。ファッションジャーナリスト(業歴17年)は仮の姿で、本当はただの廃品回収業(業歴5年)。詳しくはブログ『友くんのパリ蚤の市散歩』にて。

●友くんのパリ蚤の市散歩 
http://tomos.exblog.jp