人気ブロガーがリアルなパリをお届け

フランスバカニュース!

Category of article list

【2021年5月】フランスバカニュース!

 「ピザ38枚466,40ユーロ、ご注文ありがとうございます」宅配サービス会社から不特定多数の顧客へ届いたこのメール。実はこれ、エイプリルフールの嘘だったのだが、悪趣味な嘘に笑えない人も多かったとか。

【フランスバカニュース】2021年4月号

‐リモージュ警察へ家庭内のいざこざ対応を求める通報が入り警官が現場に駆け付けたが特に異常なし。実は両親が食後に食器を台所に運ばない15歳の息子への対応に困り通報したといい、警官は両親にもお灸をすえたとか。

【フランスバカニュース!】2021年3月

‐オート・サヴォワ県の高速道路でパトロール隊員がスピード違反の車を停止、職務質問した所、奥さんが破水し病院へ急いでいたとのこと。警官はバイクでエスコート。無事出産後に親子は警官にお礼を伝えた。

【フランスバカニュース!】2021年2月

‐ピレネー山脈の小さな町のアドリアン(99歳)、トラクターで山へ木の実やキノコ採集へ。夜になっても帰らず、連絡なし。捜索願を出した翌朝トラクターが泥にはまって動けず一夜を過ごした彼を発見。元気で良かった。

【1月のフランスバカニュース!】

 夜間外出禁止令が出ていた11月下旬深夜、ブルターニュ・ラニオン駅近くに止めた車にいた39歳男性。警察の職務質問に答えた外出理由は「ある男性を殴るため」。外出許可証はあるものの男性は高額罰金を支払ったとか。  

【2020年11月号】フランスバカニュース!

80代男性が食卓のハエを退治しようと電気ハエたたきを使ったら、家の屋根が吹き飛ぶほどの爆発に!台所のガス漏れにハエたたきの電気が反応して起こった惨事。男性は病院へ、肝心のハエの生死は誰も知らない。

【2020年10月号】今月のフランスバカニュース!

‐国民連合(RN)党首マリーヌ・ルペンの娘(21歳)の家へ泥棒が侵入。だけど犯人は飼い犬が騒いだため即座に彼女のバッグだけ手にして逃亡。バッグは翌日現場からすぐのところで手ずかずで見つかった。犯人は彼女が前回の大統領選候補者の娘と知って犯行に及んだのかどうかは定かではないが、バックの身分証明書を見て驚いたかも。

【2020年9月号】フランスバカニュース!

‐アルザス・ミュールーズ市のケバブ屋さんに一通の手紙が届いた。中には10年前に子供4人と一緒に訪れた女性が無銭飲食をした時の代金として50ユーロが同封されていた。「あの時は経済的理由で支払いができず申し訳ありませんでした。そのことをふと思い出したので遅くなりましたが食事代を送ります。」当時やったことは褒められないけど、でもちょっといい話。