人気ブロガーがリアルなパリをお届け

グルメ

Category of article list

パリのレストランとコロナウイルス

 10月末から2度目のロックダウンに入り、レストランが閉鎖したフランス。11月末よりロックダウンが段階的に緩和されていくのですが、現時点でレストランが再開されるかどうかがわかるのが1月中旬。なかなか先が見えない状況です。

スイーツ新作シーズン到来♡

ノエルを迎える秋の終わりから、新作スイーツが目白押しになります!が、しかし!今年はコロナのおかげで行動規制中のフランス…動ける範囲も限られてしまい、なかなか好きなパティスリーに行けません〜。

SUBSTANCE 自分の好みを発掘できる店。

 16区にあるSUBSTANCEはセンス溢れるモダンな空間で創作フレンチが頂けるお店。昼は近所のビジネスマン、夜はおしゃれなパリジャン達で溢れ、予約が取れない人気店としても有名。

初体験な組み合わせ♥にオドロキ!

夏には緑が広がっていたお気に入りの公園もすっかり色が変わって茶色と黄色のグラデーションで落ち着いた雰囲気。歩くとサクッサクッ軽やかな音。さすがの私もな~んとなくセンチメンタルな気分になっちゃうのですが!足元に落ちている栗をみるとや~っぱりスイーツへ気持が飛んでいくんですよね~。

子連れも大歓迎のミシュラン1つ星レストラン。

家族旅行だからって、レストランでの美味しい食事は諦めたくない!フランスは基本子連れでもレストランはOKなのですが、もし地方に行ったら狙うべきはミシュラン店。なぜなら地方のミシュランレストランの多くが、パリに比べてかなりお手頃価格だし、家族連れが多いせいか、子ども用のメニューを用意している率が高いのです。

ロックダウン解除後の初ランチ

ロックダウンの約3ヶ月間、閉鎖を余儀なくされたパリのレストランだけれども、いよいよ6月15日から通常通りの営業がOKとなりました。