100号配布中!フランス情報フリーペーパー ノアゼットプレス

October 2022
M T W T F S S
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

フランス語

Tag of article list

他愛主義ほど怪しまれるものがない説

 人それぞれだとはいえ、我々人間は基本的に勝手な生き物である。交換レートと関係なく自分の懐に1ユーロも入らない限り行動を起こさない傾向は誰にでもある。所詮ノーギャラで動けるのは金持ちの特権で、響きの良い慈善パーティーだって裏を返せば減税やブランディングの話は必ず出てくる。無理もない。自分に何のメリットにならないことを人はなかなかやらない。初デートで堂々と奢る男に下心が必ずあるのもその例。懐の大きさを見せたらパンティーの中を見せてもらえると期待しない紳士はこの世にいないだろう。

La reine de la nuit(ラ・レンヌ・ド・ラ・ニュイ)「夜の女王よ!」

 音痴な歌声はまるでシュルレアリズムだと大絶賛する画家は、「夜の女王のアリア」(モーツァルト)を歌った主人公マルグリットにそう呼びかけるが…。実在した「音痴の歌姫」を彩る有名なオペラ歌曲もたくさん登場、そして1920年代のフランスの立派なお屋敷の装飾にもうっとり。目でも耳でも楽しめる贅沢なオトナ映画!